特許翻訳:

 

電気、電子、機械、化学、バイオ、製薬等に関する特許明細書の翻訳をいたします。米国出願用、PCT出願用等、出願ルートに合わせて翻訳いたします。なお、ご希望のスタイルに沿って、翻訳させていただくため、クライアント様ごとに翻訳メモリおよびグロッサリーを作成しております。こうすることによって、ご指定のフレーズおよび用語を反映しつつ翻訳いたします。

 

英日:1ワード24円

日英:1文字13円(1ワード26円)

 

*上記翻訳には、翻訳、およびプルーフリードが含まれます。

*明細書翻訳のみならず、公報部分訳、オフィスアクション、現地代理人へのレター等の翻訳もいたします。

 

米国裁判所向け訴訟用書類翻訳:

 

米国国内での訴訟用に裁判所に提出する書類の翻訳です。同翻訳のエキスパートが翻訳を担当いたします。日本国内では弊社以外ではほとんど受注していない翻訳案件です。

 

日英:1文字15円(1ワード30円)

 

英文明細書プルーフリードサービス:

 

和文原稿および英文に翻訳された英文明細書を比較して、MPEP、米国特許法、および米国出願の慣習に従って、より良い英文明細書に書き換えるサービスです。

 

1英単語に付き10円

 

*上記料金は税別価格です。

 

サンプル翻訳に関して:

また、どの翻訳に関しても、無料のサンプル翻訳をやらせていただきます。ご注文いただく前にサンプル翻訳でお試し下さい。なお、サンプル翻訳はA4サイズの1ページ以内とさせていただきます。

 

特急料金に関して:

各翻訳において、24時間以内の納品をご希望の場合、特急料金として50%加算させていただきます。ただし、翻訳により特急で翻訳を行えない場合もございます。  

 

週末料金に関して:

各翻訳において、月曜日または祝日の翌日に納品ご希望の場合(土日、祝日に弊社が作業を行う必要がある場合)、週末料金として、50%加算させていただきます。ただし、土日、祝日は作業を行えない場合もございます。

 

ご依頼が土曜日で納品が月曜日というご依頼に関して:

この場合、特急料金+週末料金を頂戴いたします(つまり、通常の翻訳料金の倍頂戴することになります)。 

 

スキャン代金に関して:

原稿をワードデータ以外(紙媒体、ファックス、PDFデータなど)で頂戴した場合、スキャン代金として翻訳料金に10%加算させていただきます。

 

キャンセル料金に関して:

弊社のキャンセルポリシーとしまして、受注させていただいた翻訳に関しては、24時間以内のキャンセルは、料金の50%24時間後のキャンセルは、料金の100%を頂戴させていただくことになりますのでご了承ください。

 

使用翻訳メモリに関して:

Wordfast Classicのその時点での最新版を使用しております。Wordfast を使用することによってご依頼いただいた文書は他のファイル形式(TMX, etc.)に変換することなく、ご依頼いただいた文書に対して直接翻訳いたします。

 

使用ソフトに関して:

弊社のOSは、Windows XP です。ワープロソフトは、ワード2003を使用しております。ただし、OpenOffice Org.の最新版も使用しておりますので、Mac OSやワードの上位機種を使って作成した文書もお取り扱い可能です。

 


【守秘義務に関して】どのサービスもお問い合わせいただいた情報に対して、翻訳会社が職業上遵守すべき守秘義務が発生いたします。どうぞご安心の上お問い合わせください。