初めまして、藤井と申します。

フリーランスの翻訳者として3年ほどになりますが、

厳しい経済状況の中で、細々と何とか頑張っております。

外資系企業で20年ほど、翻訳とはあまり関係のない様々な仕事を

経験してきましたが、例えば、電話の応対や、書類の書き方など

社会人としての経験が現在の翻訳の仕事にも間接的に役立っています。

在職中には、特許翻訳は特殊だ、という先入観がありましたが、

ある時参考訳として、どうしても特許明細書の英訳をしなければならない

必要性に迫られ、見よう見まねで訳したことをきっかけに、特許翻訳に興味を

持ち、やがては特許翻訳を本格的にやってみようと思いました。

現在もまだまだ駆け出しですが、特許翻訳を中心として頑張っていきたいと

考えております。

何か仕事がありましたら、MK翻訳事務所殿を通じて、よろしくお願いします。

 

Ustream Seminars に戻る